静岡から愛を込めて


<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
五十嵐隆 「生還」 @NHKホール
行ってきました 五十嵐隆、生還ライブ。
(※前置き長いので注意です)

わたし、昔はロックなんて全く興味が無くて、って言うか、音楽自体にそんな興味が無くて、
音楽はテレビの音楽番組で流れているものが全てだと思っていてそれ以上何も求めて無かったんだけど、
14歳でBUMPに出会って衝撃を受けて、ロックとか、テレビでは流れない音楽というものに興味を持ち始めて。

高校でBUMP好きっていう友達が出来て、その子に「面白いのあるよ」って、藤くんがコーラスで参加してる「水色の風」を聴かせてもらったのがキッカケでシロップを知って。
初めてシロップを聴いた時は 「こんな事をこんな言葉で歌う人が居るんだ!」 って衝撃だった。
「COPY」も貸してもらって聴いたんだけど、すぐに自分で買いなおした。

シロップが活動中、ライブは2回しか行けなかったけど、どれだけの時間シロップのCDを聴いて、歌詞カードを眺めてきたか。

そう言えば、今使ってるこの「s」って名前、元々Syrup16gの「S」から取ったものなんです。
それくらい自分の中で大きい存在で。
今でもシロップの曲を聴いて泣いてしまう自分は何て成長が無いんだろうと悲しくもなるけれど、
でもやっぱりそれくらい、心の奥底にへばり付いて落ちない、最早シミのような存在となっているんです。笑

このライブが発表されてからソワソワしっぱなしで。
沈黙の4年間、もしかしたらこのままもう2度と歌う事はないんじゃないかって思い始めていた頃に、まさかのライブの知らせ。
運良くチケットが取れて、本当に本当に嬉しかった。
夢なんじゃないかと思って、ライブ当日まで、何度チケットの「五十嵐隆」の文字を見直した事か。笑
ライブ当日もソワソワしっぱなしで、特に他に用事も無かったから物販の先行販売に合わせて少し早めに会場へ。

そしたらNHKホールの前で、ろいくんとあもちゃんに遭遇。(付き合ってる事公言してるから言っても大丈夫だよね…?)
もしかしたらそっくりさんかな、?とも思ったけど、ろいくんが横を向いてあもちゃんに笑いながら話している所を見たら、やっぱりあのアゴは本人だ!って確信出来ました。笑
せっかくのデート中、邪魔しちゃったら悪いよね、って思って後姿をそっと見守っていました。笑
普段どおりの格好で2人で楽しそうに歩いていて、なんとも微笑ましかったです。

で、16時20分NHKホールに到着。
グッズには既に長蛇の列。 みんな何時から並んでたんだろう、、
でもあのBUMP幕張の事を思えば全然耐えられるレベルです…。1うね。(わたしと友達の間でしか通じない単位)
急遽一人各柄一枚ずつのみ、って枚数制限が発表されて、えっそんなに枚数用意してないの!?大丈夫!?って焦ったけど、約1時間半並んで無事買えました。フォトT。
後々全て完売したらしいです。さすが!みんな五十嵐に飢えてるね!!!

そういえば物販に並んでる時、後ろの女の子たちが「HELL SEE」の話をしてたんだけど、このアルバム発売からもう10年も経つんだね!
HELL SEEを買った日の事、昨日の事のように思い出せるのになぁ…。10年かぁ…。
そりゃ五十嵐も来月で40にもなるよね…。
わたしも歳取るはずだよね…。
なんだか感慨深い…。

夕方6時過ぎの会場。 中のシャンデリアが綺麗だった

6時15分開場
チケットをもぎるスタッフさんはNHKホールのスタッフさんだったのかな。
全員スーツ姿で、チケットをもぎる時にスタバの店員さん並の笑顔で「いらっしゃいませ!!」って言われてビックリ。
いつもの無表情のライブハウスとの違いよ…。 これがおもてなしの心と言うものか……。
座席案内も一人一人テキパキ、でも丁寧にしていて、さすがNHK……って感じがした。笑

で、お待たせしました、、続きからライブの感想です。 (この前置きの長さなんなんだろう。)
続きを読む >>

| 五十嵐隆 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1 |